チェックでわかるストレス診断|気になる場合は早めに受診しよう

診察

ひとりで悩む前に

白衣

注意すべき点とは

ストレスが現代人の心をむしばむ大きなトラブルの一つとして、認識されてきたのはごく最近のことです。特に仕事に関するストレスを抱えている社会人は多くいます。そこで、労働している側のストレスがどのレベルなのかを把握するために、ストレスチェックを行なう企業が増えてきました。労働者の心の状態をしらべるストレスチェックですが、現在、従業員が50人以上いる事業所では、実施が義務付けられています。この目的は、従業員のストレスをいち早く把握し、その原因に対して早めの対処や予防に役立てようというものです。このストレスチェックですが、実施する際にはいくつかの注意点があります。まずは、素直に記入をすることです。例えば、あの人にこれを見られたらと考えると、ついつい自分の思いとは反対の回答を選んでしまいそうになる、ということが考えられます。しかし、実際には誰かに見られるということがないように個人情報を守って実施していますし、自分の意見を曲げて記入してしまっては、正確なストレスチェックができなくなってしまいますので注意が必要です。また、ストレスチェックは、同じような質問が続く場合があります。途中で面倒になって適当な回答をしないように、1問1問、丁寧に考えてチェックをするようにしましょう。

特徴

ストレスチェックには、ある程度定型といえる流れがあります。はじめに、ストレスチェックシートにて、さまざまな質問に回答していきます。そして、後日その結果が届きます。そこで問題がなければ終了です。ちなみに、ストレスチェックシートには、ストレスとの付き合い方やひとりひとりに合ったアドバイスも掲載されています。自分はどのようなときにストレスを感じるのか、どんな性格なのかなど、自分自身を知るきっかけにもなりますので、参考にしてみると良いでしょう。そして万が一、何か不安に思うところがあれば、専門の医師との面接も個別に希望することが可能です。最後に、年に1回は義務付けられているストレスチェックですが、この時期以外にもストレスを感じることがあるかもしれません。その場合には、専門の病院にかかったり、もし抵抗があれば、インターネットサイトなどで独自にストレスチェックを行ってみるというのも、心の健康につながります。