チェックでわかるストレス診断|気になる場合は早めに受診しよう

診察

社会人の悩みを調査

悩む女性

現代病を予防

近年、企業向けに提案されているのがストレスチェックシートの導入です。仕事の質や量に満足できているのか、心身ともに疲労困憊であるなど、職業性ストレスの調査やチェックが行われています。それは大企業のみならず、中小企業も例外ではありません。例えば、企業に勤めはじめる新入社員の時期には、慣れない業務内容や環境の変化から軽いうつ症状を招きやすいとされています。それらを調査することにより、高ストレス者と判定できたり、本人が希望する場合にはメンタルクリニックでの相談や治療を受けることが可能となります。そのため、対策を講じられると人気を集めています。その結果、企業側は必要に応じて、残業や仕事量などに配慮した措置を取ることができ、本人はストレス状態を知ることで早めの対処が行え、現代病としても問題化されているうつなどの病気を予防することに繋げることができるのです。また、企業とドクターの両者に相談できることで、入社した当時の活気溢れるやる気など、モチベーションまでも向上させられる内容でも支持されています。

支援の体制が必要

職業性ストレスチェックシートを導入することは、企業側にとって、従業員のメンタルヘルスの改善を問題視しなければならない必要性が挙げられています。ストレスチェックを行うことにより、職場環境の改善に繋げることができるため、職場ごとの調査は必須となります。メンタル面でチェックが付くことにより、ドクターサポートが付帯されるだけではなく、職場において同僚や上司によるサポートを増やすなど、具体的な支援内容を盛り込む必要もあります。チェックシートの活用次第で、企業側にも活躍する従事者にも、有効に機能する可能性は話題性を集めています。メンタルヘルスの課題が浮き彫りとなるケースも少なからずあるため、メンタルクリニックへの相談に足を運べる時間の都合を作ることや、休暇や休息なども視野に入れる必要が挙げられています。心と身体の治療には時間が掛かるケースもあり、休暇制度の見直しはもちろん、休息がストレスとならない支援にまで手を広げることは課題の1つと言われている事柄です。