チェックでわかるストレス診断|気になる場合は早めに受診しよう

診察

子供の心情に気付く

微笑む女性

様々な障害までを見極める

うつ病や抑うつのみならず、子供のストレス専門外来までが、精神科目で近年設けられるようになっています。このように、現代病に発展する一歩前の改善案が模索されています。その改善案として、ストレスチェックシートが精神医療機関の窓口やサイトなどから提供されており、利用することで子育ての悩みまでも解消できる魅力が挙げられています。大人と違い、子供向けのチェックシートの内容には特徴があります。日常生活の中で見つけやすい内容や、子供自身も把握しやすい事柄を集めているため、通常の医学的基準とは一線を引いています。また、自己診断できる年齢を対象としていたり、親の対応までが診断できるなど、提供されているリストは実に様々です。工夫次第でストレスから起きるケースが高い、対人恐怖症や不登校など、子供ならではの心情まで判断できます。さらに近年では、摂食障害も精神面が大きく関与していることから、早期発見し、適切な治療へ繋げることができるなど、リスト選び1つでサインを見逃さない携わり方が保護者にもできます。

子供の心情を判断

大人のみならず、近年では子供も気付かない程度から、重度となるストレスを抱えているケースは増えており、子供のストレスサインを見極めるためのチェックシートが精神科や心療内科など、心情を専門とする医療機関から提供されている特徴があり、賢く利用することが早期治療に繋げるためのポイントと言われています。子供の気持ちはナイーブであり、無気力症や引きこもりなどを招きやすくなるため、早い段階で気付いてあげる、あるいは気付かせるためにもチェックシートが重要となります。チェックした数にあわせ、家庭で観察できる範囲となる軽度であるのか、精神面での相談を専門医に尋ねる必要がある危機的状態なのか、判断ができる内容であるのも特徴の1つです。項目には、家庭や学校、人間関係などの総合的な内容でストレス度が判断できるため、学校での様子や友人関係、さらに親子問題までを浮き彫りにでき、子供だけの問題ではなく、親も子供の心情を知るキッカケとなるなど、双方の立ち直りのキッカケまでが掴める魅力が挙げられています。